島村楽器 水戸マイム店 シマブロ

島村楽器 水戸マイム店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフ日記】あがり症のおはなし

みなさん、こんにちは!島村楽器水戸マイム店、てんちょう水田です!

一度見出すとやめられないとまらない、オリンピック観戦で少し寝不足気味です。

一流アスリートの皆さんでも、緊張感からか十分な実力を発揮することができずに

悔しい思いが表情に滲み出ているのを幾度となく目にしました。

緊張感は集中力を高め、いつも以上の力を発揮することにも作用する一方、

心や体を緊張させてその逆の方向に働くことも多々あります。

私もこの仕事に就き、店長という役割を任されるようになってからはずいぶんと変わりましたが、

昔は大変あがり症で、いろいろと恥ずかしい思いをしたものです。

よく覚えているのは小学生時代の音楽の授業。リコーダーのテストはもう、最悪でした。

緊張のあまり手指はがちがち。息も一定に吹き込むことができませんので、

常に天然ビブラートがかかった状態で、リコーダーがぶるぶる踊っているように見えていたと思います。

見ているクラスメイトも笑っちゃまずいだろ、と思いながら笑いをこらえてくれていました。

まだ店長になりたての頃にレッスン会員様の発表会で会員様とフルートのデュオに挑戦しましたが、

やっぱりビブラートがかかってなかなかうまくいきませんでした、、、

職業柄人前で話すことも多くなり、家族や親類、従業員の結婚式のスピーチを何度か無事に

やり遂げて、人前で話をすることはもう大丈夫だろうと思っていましたが、、、

中学までいっしょだった幼なじみの結婚式で当日の2・3日前に乾杯のスピーチを依頼されました。

今まで何度かやっていたので今回もうまくできるはずだと思っていました。

いざ本番、グラスを受け取りスピーチスタート、、、あれ、グラスを置くテーブルが、ない!

片手でグラスを持ちながらお話していると、次第にコップが震え始めているではありませんか!

だめだ、震えを止めろ!意識すればするほど逆に震えは大きくなるばかり。

最終的には腕ごと震えで動いていたと思います。笛のテストの悪夢再来、苦い思い出となりました。

上手くやろう、格好よく振舞おう、と過剰に意識してしまうことが緊張に繋がってしまうんだな、と

学習しありのままの自分、自然体で行こう!と意識するようになってからあがり症は息を潜めています。

そんな私が今日ラジオにゲスト出演します。あがっていなければいいのですが、、、

それも含めぜひ聞いてみてくださいね!それではまた明日お会いしましょう!

島村楽器水戸マイム店 てんちょう水田

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.