島村楽器 水戸マイム店 シマブロ

島村楽器 水戸マイム店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフ日記】地震、雷、火事、親父?

みなさん、こんにちは!島村楽器水戸マイム店、てんちょう水田です!

一気に梅雨明けし、本格的な夏の到来ですね!

先週は九州地方の豪雨により多くの方が被害に遭われました。心よりお見舞い申し上げます。

ここのところ、大きな自然災害が続いており、私達の暮らしを見直すことも大事ですし、

そのための備えを日頃から心がけることも大事だな、と思っています。

今日のタイトル「地震」と言えば忘れもしない3.11。それに伴う津波、「火事」、未だ続く原発事故、

その記憶は決して風化させてはなりません。「雷」、先月は落雷による人的被害も多く報じられました。

記憶に新しいのはつくば市で最も大きな被害が発生した竜巻。ここのところ自然災害の規模や被害も

甚大なケースが多くて、「地球は大丈夫か?」とほんとうに心配になってしまいます。

話を戻しますと、どれも怖いものの代名詞として幼い頃によく聞かされたものです。

あれ、ひとつ足りないぞ?そうです、親父です。

私が子供の頃は、よく放課後や休みの日に近くの公園で野球をしていました。

ちょうどそのグランドの隣が農業用の調整池でしたので、ライト方向のホームランやファールボールは

全て池ポチャでした。ボールを無くすわけにはいきませんので、池にボールが入るとゲームは

一時中断、フェンスを乗り越えて長い木の棒でボールを取ろうと必死になっていました。

「こらー!何やってるんだ!今すぐ全員でてこい!」

近所のおじさんが怒鳴り声を上げて走ってきます。そして全員グランドに正座。げんこつのプレゼント。

何度見つかって叱られたか数えればきりがないほどです。

その頃は怖い親父(父親や近所のおじさん)だなーと思っていましたが、今考えると我が子のように

心配して本気で叱ってくれた、ありがたい存在だったのだな、と心から思います。

最近、そんな怖い存在がいなくなって(少なくなって)しまったような気がしませんか?

学校の先生も、間違ったことをすると本気になって向き合って、ゴツンとやってくれましたよね。

法や社会による個人の保護や権利の主張が古き良き何かを衰退させてしまったのかもしれません。

真剣だから、我が事のように思えるから、本気になって叱れるんですね。

これから先事なかれ主義が蔓延する世の中にならないことを切に望んでいます。

最近報道を賑わせているいじめ問題も関わる人の事なかれ、「他人事」の態度が気になります。

頑張れ、親父!頑張れ、先生!(親父化進行中のてんちょうより)

明日はお休みを頂いておりますのでまた明後日。それではまたお会いしましょう!

島村楽器水戸マイム店 てんちょう水田

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.